生国魂祭(いくたままつり)の手打ち「生国魂締め」動画で疫病退散を祈願しませんか?!

こんにちは!からほりらへんのはたぴーです。

本来であれば、明日、7月11日(土)から2日間の日程で執り行われる予定だった生国魂祭(いくたままつり)。新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を受け、 渡御行事(大阪城への行列)等の中止が4月に発表されました。

大阪三大夏祭りの1つとされ、大阪に本格的な夏を告げる祭りとして、地域の人々に愛され、大切にされてきたお祭りの行事中止に寂しさを感じるひとも多いのではないでしょうか…。

そのような方に、ぜひ!見てほしい!動画が先日公開となりました!それがコチラ↓

この動画は、氏子でつくる獅子部の有志が集まった“いくたま獅子会”によってつくられたもの。

お祭りに欠かせない手打ち「生国魂締め」が、昨年のお祭りの様子と、コロナ禍のなか有志が各々で撮影した映像とともに編集されており、最後には、獅子部の方々の合図に合わせて、いっしょに手打ちをすることができます。

疫病退散と大阪に対する祈りを込めて作られたという動画。ぜひ、みなさんもいっしょに、手打ちをしてみませんか。

いくたま夏祭り実行委員会・獅子部有志さんのコメント

7月11日(土)12日(日)の生国魂祭では、新型コロナウイルスの影響により獅子舞の巡行が残念ながら中止となりました。このコロナ禍において「何かできることはないか」といくたま夏祭り実行委員会・獅子部で検討した結果、お祭りの時のエール交換の証として実施している「手打ち」を動画形式で制作し、地域・市民のみなさん・そして獅子舞に毎年参加している子どもたちと心を1つに結ぼうという企画を考えました。「手打ち」は「生国魂締め」とも呼ばれ、、「打ちまーしょ」から始まる手拍子で「大阪締め」のルーツといわれております。夏祭りの起源である「疫病退散」の祈りと、コロナに負けず「大阪を元気にする」願いを込めた動画『生国魂祭みんなで一緒に「手打ち」2020』をご覧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

いくたま獅子会さんのInstagramより

※取材時点の情報です。情報が変更になっている場合がございますので、詳しくは電話等で事前にご確認いただくようお願い致します。


記者(ライター)紹介

はたぴー

九州の片田舎出身。からほりのまち、からほりのひとびとに魅せられて、WEBからほりらへんのライターになりました!人見知りという弱点を持っており、取材は毎回ド緊張しますが(笑)、みなさん、優しい方ばかりで、とても救われています!ありがとうございます。
からほりらへんで求人を募集したい!HPやチラシをつくりたい!こんなことできひんの~?!などなど相談もどしどし受け付けていますので、お気軽にご連絡くださいね~!
▶ご連絡はコチラから!

関連記事

  1. 靴工房Risette×Hostel tolotoloによるコラボイベント~1泊2日モカシンシューズづくり~

  2. 皐月珠算道場さんの教室が同じビルの2Fへお引越し!

  3. [閉店]お出汁とスパイス 魁エレクトロニカレー(2021年1月31日閉店)

  4. スパイス堂さんが“ダルバート食堂谷町六丁目店”としてリニューアルオープン!

  5. まどかのてくてく帖

    てくてくno.5~自分にご褒美!気分転換な一日~

  6. 高津神社で魔除け茅の輪をくぐって、疫病退散をお祈りしてきました!