からほりらへん(変⁉)なヒトたち

「からほりらへん(変⁉)なヒトたち」by探偵旅団

あのヒトは、魅力があるけど “変”なヒトだな…そんなお知り合いはいませんか?魅力のあるヒトは、いい意味で“変なヒト”といわれることがあります。
からほりらへん(界隈)には魅力的な一風変わったお店がたくさんありますが、そのお店はとても素敵なヒトたちが営んでいます。また、クリエーターもたくさんおり、イベントの開催や個性的な作品を日々創作しています。そう、こういうヒトたちって “ 変なヒト”ばかりなんですよ!(いや、いい意味でですよ!)
魅力的なまちに魅力的な “ 変なヒト”あり! からほりらへんでお店をしていたり、活動していたりする “ 変なヒト ” をご紹介するのが「からほりらへん(変⁉)なヒトたち」。丁寧な取材を心掛け、人柄がわかるような気持ちの宿った言葉をつむぎ出していきます。記事担当記者は、 “ 変なヒト ” 代表?!(笑)、探偵旅団・参謀のにっしゃんです。

◆◇1人目◇◆
「エ.ビシ クラフトショップ」人見美由子(ひとみ・ゆみこ)さん《前編》


「探偵旅団」とは

誰かの当たり前は、誰かにとっては不思議やナゾかもしれません。普段、自分たちが暮らすまちには、ある人にとってはたくさんの当たり前があり、同時に不思議やナゾも隠れています。そんなまちのローカルな不思議やナゾという「情報」を探偵のように、調査(取材)、分析、解明、そして発信していく記者一家、それが探偵旅団(たんていりょだん)です。
私たちは「伝える」ということは文化的で素晴らしいことだと考えています。人を介して得られる情報には時として心(魂)が宿っています。取材で得られた生きた情報に込められた心(魂)を見つけ出し、言葉やアート(デザイン)でつむぎ出していく。そこにさらに私たちの心(魂)を込めてメディアで発信していく、これが探偵旅団の主な活動内容です。

記者(ライター)紹介

にっしゃん(探偵旅団/参謀)

まちのローカル情報(不思議やナゾ)を探偵のように調査(取材)し、メディア発信する記者一家、その名も探偵旅団(たんていりょだん)。そこの参謀がにっしゃんです。
2007年から上町台地の地域情報紙『うえまち』でローカルメディア制作に10年以上携わりました。2014年からは編集長となりデザイン、編集・企画・取材・営業など様々な業務を行ってきました。多くの取材現場を経験させてもらい、写真撮影や取材のスキルは持っています。
編集長時代は、ライターというより取材・編集・デザインがメインで、書くことは好きでしたが専属ライターがおり書くことがあまりなかったです。今回、このコーナーを記者としてライティングできることは大変うれしく思っています。